請求方法

q 保険金請求を行いたいが、どうすれば良いのか?
a 動物病院にて掛かった治療費は、一旦全額をご契約者様がお支払いください。

その後、弊社お客様コールセンター(プリズムコール®:0120-39-1212 受付時間:午前9時30分から午後4時、GW期間・年末年始を除く)またはホームページより保険金請求書類をお取り寄せ頂き、必要事項を記載の上、ご請求ください。動物病院から渡される「診療明細書」等は、保険金請求時に原本が必要となりますので、捨てないようにお気を付けてください。

詳細につきましてはこちらをご確認下さい

.

q 動物病院発行の明細書に、支払い対象外のもの(ワクチン等)が記載されているが、大丈夫か?
a 内訳が判別できる記載がしてあれば、そのままでも大丈夫です。

..

q 提出する診療明細書はコピーでもいいですか?
a コピーではご請求頂けません。原本のご提出をお願い致します。

.

q 治療が長引きそうです。診断書は毎回提出しなければいけないのですか?
a 同じ診断名で継続通院する場合、診断書の提出は初回のみで結構です。2回目以降の請求時は省略頂いてかまいません。ただし、治療が半年、1年と長期に及ぶ場合や症状に大きな変化があった時は同じ診断名であっても診断書の再提出をお願いする場合がございます。

.

q 軽い下痢で通院し、1日で完治したが、このような場合でも診断書の提出が必要か?
a 保険金のご請求の際は、基本的に診断書のお取付が必要となります。
但し、下記条件であれば診断書のお取付けを省略できる場合がございます。

  • 治療開始日(初診日)の日付が保障開始日より6ヶ月以上経過している
  • 完治までの治療費用の合計金額が5万円以内
    (複数回に分けてご請求をいただいた場合は、初回ご請求分より治療費が合計して5万円を超えた時点で、診断書のご提出が必要となります)
  • 治療項目に「手術」がない
  • 病名がはっきりと出ている
    (病名が「体調不良」や「○○病の可能性」等は不可)

上記条件をすべて満たしている場合は、診断書のご提出を省略する事が可能となっております。(1つでも当てはまる項目がある場合は、診断書のご提出を省略できません)
また、上記条件をすべて満たしている場合でも、弊社判断により診断書のお取付をご依頼する場合がございます。


.

q 金額のみしか記載されていない領収書でも保険金請求は可能ですか?
a 金額のみの領収書ではご請求頂けません。必ず通院日ごとの明細がわかり、飼主様名・ペット名・薬品名が記載されている領収書のご提出をお願いいたします。

.

q 入院を10日間しましたが、病院からもらった明細書には治療費の合計金額しか書かれていません。このような場合でも保険金請求はできますか?
a 正確な保険金給付を行わせて頂くために、入院1日ごとの治療費用・内訳のわかる明細書のご提出をお願い致します。

.

q 2頭で保険に加入しており、2頭分同時に保険金請求を考えています。保険金請求書は1枚に2匹分まとめて書いてもいいのですか?
a 必ずそれぞれのペットちゃんごとに保険金請求書・診断書・診療明細書のご提出をお願い致します。

.

q 急性の嘔吐で日帰り入院しました。このような場合、入院保障が適用されますか?
a 入院保障が適用されるのは1泊2日以上入院した場合のみとなります。
半日(日帰り)入院は通院保険金での保障となります。

.

q 関節炎で病院に行ったら、サプリメントが処方されました。この場合のサプリメントは保障されますか?
a 誠に申し訳ございませんが、治療のためのものであっても、「フード」や「サプリメント」は保障の対象外になります。

.

q 皮膚病で病院に行ったら、薬用シャンプーを処方されました。この場合の薬用シャンプーは保障されますか?
a 誠に申し訳ございませんが、フード同様、治療のためのものあっても「シャンプー」は保障の対象外になります。ただし、病院内で行われる薬浴(薬用シャンプーを使用した処置)は保障対象となります。

.

q 「前立腺肥大」と診断され、去勢手術が必要となりました。「去勢」は保障対象外になっていますが、保障はされますか?
a 病気治療のために獣医師様が必要と認めた場合は「去勢手術」も保障対象になります。
ただし「停留睾丸」につきましては、ペット保険普通保険約款の「保険金をお支払いしない場合」に該当致しますので、「停留睾丸」に伴います「去勢手術」は保障対象にはなりません。

.

q 「子宮蓄膿症」と診断され避妊手術が必要となりました。「避妊手術」は保障対象外になっていますが、保障はされますか?
a オスの「去勢手術」同様、病気治療のために獣医師様が必要と認めた場合は「避妊手術」も保障対象になります。

.

q 歯根膿瘍と診断され、抜歯を行うことになりました。この場合は保障されますか?
a 歯周病、虫歯、乳歯遺残治療等の一切の歯科医療措置は保障の対象外となります。

.

q 先天性の障害かどうかはどのように判断するのですか?
a 先天性の障害か否かの判断は獣医師様の診断に基づかせて頂きます。

.

q 診断書の提出が必要な条件はございますか?
a 保険金のご請求の際は、基本的に診断書のお取付が必要となります。
但し、下記条件であれば診断書のお取付けを省略できる場合がございます。

  • 治療開始日(初診日)の日付が保障開始日より6ヶ月以上経過している
  • 完治までの治療費用の合計金額が5万円以内
    (複数回に分けてご請求をいただいた場合は、初回ご請求分より治療費が合計して5万円を超えた時点で、診断書のご提出が必要となります)
  • 治療項目に「手術」がない
  • 病名がはっきりと出ている
    (病名が「体調不良」や「○○病の可能性」等は不可)

上記条件をすべて満たしている場合は、診断書のご提出を省略する事が可能となっております。(1つでも当てはまる項目がある場合は、診断書のご提出を省略できません)
また、上記条件をすべて満たしている場合でも、弊社判断により診断書のお取付をご依頼する場合がございます。


.

q 保険金を請求できる期間はいつまでですか?
a 保険金の請求権は治療が発生した日から3年間となります。
ただし、スムーズな保険金のお支払いを実現するためには、治療の発生日から早めのタイミング(発生から2ヶ月ほど)でご請求を頂く必要がございます。

.

q 保険契約者本人ではなく、家族が病院にペットを治療に連れて行きました。そのため、診療明細書の飼い主名が契約者名と異なっていますが、保険金請求は可能ですか?
a 診療明細の飼い主名に、契約者様及び被保険者様と同一の名字の方の名前が記載してあれば、 保険金のご請求は可能です。

.

q 検査費は請求可能ですか?
a 異常や病気が認められ、治療を伴う検査であれば請求は可能です。
ただし、どこにも異常や病気が認められない場合は、ただの健康診断に該当するため、保険金のお支払い対象にはなりません。

お支払について

.

q 「保険金」はいつ払われるのですか?
a 完備した書類が届いた日からその日を含めて30日以内に、弊社が保険金を支払うために必要な事項を確認したうえ、被保険者が指定した金融機関の口座に保険金をお支払いします。
弊社が必要事項の確認をするため、次の各号の特別な照会または調査が不可欠な場合には、前項の規定にかかわらず、完備した書類が届いた日からその日を含めて次の各号に定める日数(複数の号に該当するときは、そのうち最長の日数)の経過する日までに保険金を支払います。この場合において、当会社は、確認が必要な事項およびその確認が終える時期を被保険者に対して通知します。

  1. 警察等公の機関による捜査・調査結果の照会に基づく照会その他法令に基づく照会を含みます。):60日
  2. 専門機関への鑑定等の依頼および結果の分析:60日
  3. ペットの医療に従事した獣医師等(過去に医療行為を行った獣医師等を含みます。)に対する特別な照会または調査:60日
  4. 他の会社への照会:50日

.

q クレジットカードの番号が変わらないのに、クレジットカード情報の再提出が必要なのはなぜですか?
a 洗い替えシステム(有効期限切れ確認システム)を導入していないため、必ず提出が必要となります。

.

q 保険金の請求書類を送ってから何か通知はあるのですか?
a 保険金のお支払いが完了した後に、給付明細書を送付させていただきます。